不用な物を捨てる前にお金にできないか調べてみよう

ゴミを捨てるだけでもお金がかかってしまいます。まず捨てる前にお金に換えられないかリサイクルショップで確認してみましょう。 - 地域のゴミのルールと不用品回収業者との交渉について

地域のゴミのルールと不用品回収業者との交渉について

家の建て替えやリフォーム、新築、その他の引越し等で、今まで使用していた家具や家電が不用になることがあります。
その際には処分する事になりますが、市区町村によっては処分方法が違う場合が多く見られます。
市区町村で運営しているゴミとして出す事も良いのですが、不用品回収を取り扱う業者に一括見積もりをしてもらう事もおすすめです。
不用品回収業者と言うのは、主に、母体がリサイクルショップであったり、回収した品から鉄やレアメタルをとりだしたりする事が多くあり、幅広い品物を引き取ってくれるケースがあります。
大抵の場合は料金は掛からず、トイレットペーパー等と交換してもらえたり、その他の日用品と交換してもらえる事が多いようです。
市町村の粗大ゴミとして出すよりも、料金が掛からない面では大変お得な業者だと言えます。
ですが、タイミング良く不用品回収業者が自分の住む地域に来るかどうか、または運営しているかどうかは分かりません。
その為、事前のリサーチが必要になると思います。
なぜ事前のリサーチが必要なのかと言うと、隣町と自分が住んでいる地域では、ゴミの回収のルールが異なっている可能性があり、万一自分の住んでいる地域に回収業者が居ない場合には、隣町のルールに従って回収をしてもらわなければならないからです。
地域のゴミ出し参考サイト:http://matome.naver.jp/odai/2136023028688307801
業者の有無の他にも、こうした回収時のルールも事前に調べておくことにより、スムーズに回収作業を進めて貰う事が出来ます。
事前の段取りがしっかりと出来ていれば、回収業者との話も早く、本来は引き取ってもらえないような品物でも、抱き合わせて引き取ってもらえる事も出てきます。
抱き合わせとは、本来なら引き取らない品物でも、業者にとって有効活用出来る品物ひと品とセットにして引き取ってもらえる事を言います。
その為には、業者が欲しがっている品物が不用な品の中にある事が前提ですが、こうしたやり方もありますので、上手に交渉してみるのも良いと思います。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

カテゴリー

サイト概要・運営情報

概要 当サイトは不用な物を捨てる前にお金にできないか調べてみように関する情報を取り扱っているサイトです。

運営者情報
馬場 晴希

お問い合わせ
メールフォームはこちら